« 不動産投資のデメリット | メイン | 不動産投資の基礎知識 »

不動産投資のメリット

スポンサードリンク

投資家の中には、不動産投資や不動産に関連する投資で大きな成功を 手にした人も多く、中にはそうした経験がもとで有名になった人もい ます。「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ 氏も初期は不動産によって大きな財産を作ったことで有名です。

さて、ここではそんな不動産投資のメリット・魅力について説明したい と思います。

○大きな値上がり益

不動産はそもそも身の回りにある物やサービスに比べて単価が高いことが 多いため、2~3倍の価格上昇で大きな値上がり益を手にすることができます。

また不動産投資の場合、株式や債券と比べて、投資資金のうちの借り入れ の割合が高く、より少ない資金で大きな値上がり益を手にすることができる 可能性があるのも特徴です。

株式投資などでも信用取引などを利用して、大きな利益を手にする人が少なく ありませんが、そうしたレバレッジ(てこの原理)を利用した取引を利用する人 は不動産投資に比べて、それほど多くはないでしょう。

○利回りの高さ

不動産はその特質から、株式や債券よりも利回りが高い傾向にあります。 例えば、REITと呼ばれる不動産投資信託の利回りはおおむね4~8%程度の 利回りが期待できます。

株式や債券などで同程度の利回りを期待できるものも存在しますが、それほど 数そのものが多くはないというのが現実です。

○インフレへの抵抗力

バブル真っ盛りの1990年前後は、消費者物価指数などの上昇率に比べて、株や 不動産の上昇率が非常に高く、資産インフレ時代とも呼ばれました。

そしてその後、長い低迷期を経て2000年以降、再び株式と不動産価格が上昇に転じ、 中でも東京圏の不動産価格はかなりの上昇率を見せています。

以上のことからも分るとおり、インフレが起きたとき、現金や現金に準ずる資産は インフレで相対的に価値が下落することがありますが、不動産は逆に価値が上昇す ることが少なくありません。

○穴場が存在する

株式にも時代に応じて流行の業種があるように、不動産にも将来の人気エリアに なりそうなところが必ずあります。

つまり、いつの時代にも参入する機会があるということになります。

そうしたエリアを先回りすることができれば、大きな利益を手にすることができる でしょう。

スポンサードリンク