« 不動産投資におけるノンリコースローンのメリット・デメリット | メイン | 不動産投資のメリット »

不動産投資のデメリット

スポンサードリンク

不動産投資は「当たる」と大きな利益を手にすることができるというメリットが ある反面、デメリットも多いという特徴があります。

以下で、不動産投資のデメリット・欠点についてみてみたいと思います。

【不動産投資ののデメリット】

○販売価格が割高なケースが多い

近年人気がある不動産と言えば、マンションではないでしょうか。 そのため、マンションはしばしば「割高」で販売されているケースが少なくありません。 つまり、なにかマーケットに異変が生じたときは価格の下方圧力が大きいと いうことになります。

○転売が難しい

株式や債券と違い、不動産は流動性が低いため、新築、中古マンションに限らず、 販売が難しいと言えます。

○流動性が低いため、損失を確定しにくい。

上に関連していますが、マンションの転売が難しいということは、投資でいう「損切り」 がスピーディにできないということになります。つまり、売りたくても買い手がつかなけ れば、価値はどんどん劣化し、損害が拡大する可能性があるということになります。

○賃貸マンションの需給の問題

ファミリー世帯は「購入派」、独身世帯は「賃貸派」というのが、おおまかな日本の 住宅事情のため、単価の高い賃貸マンションの需給バランスが計算できるのは、首都圏 に限定されるという傾向にあります。

独身世帯向けの賃貸マンションは単価が安いため旨みもそれほどなく、実際のところ あまり儲かりません。

○そもそも賃貸料として十分な金額を設定しにくい

そもそもマンションの賃貸を希望している人は、分譲マンション購入の需要ほど多くあ りません。そのため、賃貸料は低めに抑えられる傾向にあります。

○株や債券などと異なり、デリバティブなどの手法でリスクをヘッジできない

不動産は、一部の地域を除けば流動性という意味では株や債券などより劣ります。 そのため、オプション売買や先物売買などのデリバティブでリスクをヘッジすることが できません。

【まとめ】

不動産をリスク資産として考えた場合、特に株や債券といたリスク資産と比較すると、 デメリットが多いような気がします。結局は、自分がどれだけリスクを背負えるか… にかかっているのですが…。

スポンサードリンク