« 不動産投資と流動性リスク | メイン | 不動産投資のデメリット »

不動産投資におけるノンリコースローンのメリット・デメリット

スポンサードリンク

近年、都市部を中心に不動産価格が上昇していますが、その背景には 不動産投資におけるノンリコースローンと呼ばれる非遡及型融資があ ります。

ノンリコースローンの仕組みを先に簡単に説明しますと、ノンリコー スローンは返済義務が人には及ばず、融資対象の不動産のフロー収入 と売却時のストック収入のみに依存するというものです。

自分の財産などを失うリスクを背負うことなく、不動産投資をできる ということです。

では、メリット・デメリットを見ていきましょう。

【リスクが限られる】

不動産投資を行う際、自分のお金だけで投資を行う人はほとんどいません。

実際には、銀行などから融資を受けて投資活動を行うわけですが、その際 の融資の対象となるのは、人ではなく「不動産」だけになります。

つまり、家賃収入が少なくなっても、担保不動産の価格が下落しても、投 資家はその融資対象となった不動産以外に返済義務がありません。

これは投資家側からすれば、かなりリスクが限定されることになります。

【投資効率が良いときがある】

ノンリコースローンを利用しますと、自己資金が少なくても不動産投資を 行うことができます。

つまり、少ない自己資金で投資活動を行うわけですから、早く投下した自己 資金を回収することができるというメリットがあります。

不動産から得られる利回りと借り入れ金利の差が大きければ大きいほど、そ の自己資金の回収期間が短くなります。

レバレッジをかければかけるほど、リターンが大きくなるということです。

【借入れ金利が高い】

ノンリコースローンは人ではなく不動産を対象として融資を行うことから、 融資側の目は厳しくなります。そして、融資する際の金利も一般的な不動産 担保融資よりも高くなります。

【特別目的会社/SPCのコスト】

ノンリコースローンを受けるには、特別目的会社を設立する必要があり、 コストが生じます。

【まとめ】

ノンリコースローンは、ここ数年の不動産市場の活性化に大きな役割を果て しているのは間違いありません。

コスト増や借り入れ金利の高さを考慮しても、その限定的なリスクや投資効率 の良さはやはり大きなメリットです。

ただし、効率的な仕組みが必ずしも投資の成功を約束してくれるわけではない ことはよく理解しておく必要があります。

スポンサードリンク