« 不動産投資と利回りと利用可能性 | メイン | 不動産投資におけるノンリコースローンのメリット・デメリット »

不動産投資と流動性リスク

スポンサードリンク

不動産投資のリスクのうち代表的なものの一つに流動性リスク があります。

不動産への現物投資は株式や債券などの金融商品とは違い、そもそ もマーケットの参加者が少ないために、売買が容易ではなく、換金 性が低いことが特徴です。

近年、そうした流動性の低さを解消すべく登場したのが「J-REIT」と 称される不動産投資信託で、通常の株式同様、高い流動性があります。

不動産投資信託は利回りの高さが「売り」の金融商品ですが、流動性 の高さも手伝ってか、通常の現物の不動産投資に比べて、利回りが低 くなっています。

もちろん、利回りが低下するのは、投資家との間に不動産投資信託を 運用している会社があり、コストや会社にとっての利益が発生してい るというのももちろんあります。

一方、利回り重視ではなく、今後の土地などの値上がりを予想して、 不動産投資でキャピタルゲインを期待するのであれば、上場している 不動産会社に投資をすればいいということになります。

こう考えてきますと、不動産投資、特に現物への投資における流動性リ スクとは、市場の情報伝達の非効率性、リターンを得る過程における 非効率性を利用した投資と言えます。

ということは、不動産の現物投資においていわゆる流動性リスクを逆手 にとり個人投資家が収益をあげていくには、「市場の情報伝達が非効率」 的である物件を探していくことが重要なポイントになりそうです。

大手の不動産会社やファンド組成会社などが手を出しにくいような物件 をできるだけ早く狙うというところでしょうか。

なお、キャピタルゲインを狙う場合は、現状では市場の情報伝達が非効率 であっても将来はそれが修正されるような物件を見つけることが重要に なってきます。

不動産投資における流動性リスクは、投資家にとっての問題点も数多く、 存在しますが、一方でそうしたリスクがあるからこそ、逆にそれを利用し ての投資戦略も存在するということになります。

スポンサードリンク