« 分譲マンション価格に適正値はあるのか? | メイン | 分譲マンション販売業と賃貸業を比較してみると… »

分譲マンション購入は夢か現実か?

スポンサードリンク

アメリカの著名なの興行師だったP・T・バーナムに次のような 言葉があります。

「サーカスというものは「観客の誰もが面白いと思うようなことを少しずつ」 用意しておくべきである。」

そして、ノーベル賞を2度受賞しているライナス・ポーリングは 成功の秘訣を次のように語っています。

「アイデアをたくさん出さなければならない。そして、悪いアイデアはどん どん捨て去るんです。」

この2人の言葉は、実は分譲マンションを購入する側と販売する側の 両方にとっての至言と言えます。

まず、上のバーナム氏の発言ですが

販売側は、とにかく分譲マンションを購入してくれる人に広告、モデルルーム、 織り込みチラシ、デザイン家具など「面白い仕掛けを少しずつ」用意すること で多くの人に、いかに買おうとしている分譲マンションが「魅力的」であるか を訴えます。

次にライナス・ポーリング氏の発言です。この言葉は真意を理解する必要が あります。

人はもっともらしい理論や説明、あるいは華やかな表面上の美しさに対して、 賛成したり、支持したりするのは得意です。

ただ、なぜ賛成したり、支持したりしているのかを評価したり、検証したり することはあまり得意ではありません。

つまり、自分が購入しようという分譲マンションに対して、様々な「面白い仕掛け」 を「なぜ自分が感じ入ったのか?」ということを検証しようとはしないことが多い ということです。

またもっと言えば、なぜその分譲マンションをその価格で購入するのか?という ことを検証し、そして購入の意思決定に際して、いいアイデアと悪いアイデアを 炙り出す検証作業そのものが重要であるということです。

サーカスは私たちに夢のような楽しいひと時を味あわせてくれます。分譲マンション などのマイホームを購入することも同じく「夢」と言われることが少なくありません。

しかし、夢はいつかは醒めるものであり、現実に返ったときに「なぜ検証作業を 怠ったのか」を後悔することも少なくありません。

分譲マンションを購入するときは、冷静さを失わないようにしましょう。

スポンサードリンク