« 外断熱工法のメリットとデメリット | メイン | 住宅建築工事にかかるその他の費用 »

在来工法による木造住宅について

スポンサードリンク

日本の住宅建築において長い歴史を持っている在来工法による木造住宅 についてそのメリットとデメリットを見てみたいと思います。

一般的には、在来軸組工法という名称で呼ばれることが多いですが、柱 ・梁・筋交いなど木の軸を組み立てて建物を支える工法であることから、 木造軸組工法と呼ばれることもあります。

ではメリットとデメリットを見ていきましょう。

○メリット

通気性や採光性に優れた、家屋構成。

増築・改築が比較的容易。

使用する木材などを選べることから、コストも調整しやすい。

○デメリット

地震などの災害に弱い。

職人の経験や技術の差が出やすく、施工レベルや工期にばらつきがある。

メリットとしては、家屋や間取り、コストなどを調節できるというのが 大きなポイントですが、職人の技術にばらつきがあったりなどするの が特徴です。

カスタマイズしやすいが、一定の技術レベルが要求されるといったところ でしょうか。

また、地震などの災害にウィークポイントがあるという点では、地域性や 火災保険・地震保険なども慎重に考える必要がありそうです。

近年は、マンションに住む人なども多く、いわゆる伝統的な在来工法によ る木造住宅は、都会などではそれほど多く見られなくなってきました。

一方で、在来工法を一歩進めた工法やローコスト住宅、郊外や田舎で作る 手作りハウスなどで使用・応用されており、日本の風土への高い適応性が ある工法であることが分ります。

スポンサードリンク