« 財形住宅融資のメリットとデメリット | メイン | 解約手付と手付解除について »

元利均等返済と元金均等返済の違いと比較について

スポンサードリンク

住宅ローンの金利負担分の支払いこそが銀行の利益となることを 考えますと、銀行にとってみれば少しでも多く金利を支払ってく れる「元利均等返済」が望ましいという事になります。

この事実を分っていれば、もう元利均等返済と元金均等返済の違い については半分以上、理解しているも同然でです。

とは言いましても、それぞれにメリットとデメリットがありまして 単純にどちらがいいとは一面だけでは判断できません。

そこで、ざっと元利均等返済と元金均等返済の違いについて見てみ たいと思います。

○元利均等返済

デメリット

・借入金の総返済額が元金均等返済より多くなる。

・金利リスクが高い

メリット

・初期の負担額が少ない。

・金利が上昇しない場合は、毎月の返済額が一定。

○元金均等返済

デメリット

・ローン開始時の月々の負担が重い。

・受け付けてもらえない金融機関がある。

メリット

・初期段階での元金の減り方が大きいため、相対的に金利リスクは低い。

・借入の総返済額が元利均等返済より少ない。

簡単に説明を加えたいと思います。元金均等返済の方は、元金を初期から 返済していくために支払い総額も少なく、また元金が支払い当初から減少 していくために、残額に対する金利負担も元利均等返済よりは比較的、軽 くなります。

ただし、元利均等返済は支払い予想総額はやや多いものの、金利が変わら なければ、支払い額は一定です。

経済的に考えれば、コストやリスクを考えて断然、元金均等返済がいいの ですが、元利均等返済は月々の負担がそれほど重くなりにくい傾向にある ということになります。

ただ、今後の経済動向を考えますと、つまりこれ以上、日本の住宅金利が 下がりようがないことを考えますと、金利は上昇する可能性が高いと思います。

可能であれば元金均等返済を選択するか、あるいは繰り上げ返済を行って 金利上昇リスクに備えたいところですね。

スポンサードリンク