« 住宅ローンと親子リレー返済について | メイン | 住宅 ローン金利の上昇と繰り上げ返済について »

住宅ローンとつなぎ融資の金利・手数料について

スポンサードリンク

住宅ローンを組む際に、よく利用される「つなぎ融資」について 金利、手数料などを中心に説明したいと思います。

高額な不動産の売買、しかもローンを利用しての売買となりますと 金融機関は何よりも「担保」を、そして売主である不動産会社など は「代金」を要求します。

そこで、買主側は融資が実際に行われるまでに、売り手に支払う資 金を工面するために、別の金融機関などから短期的に融資を受けて 支払うことを「つなぎ融資」と言います。

現在は、住宅ローンと言えばフラット35を利用する場合が多いよう ですが、フラット35は融資の実行日が予め固定されている場合が多 いので、つなぎ融資を考える場合は計算しやすいかもしれません。

さて、つなぎ融資を実際に行うと利息、印紙税、各種申請書類の手 数料、事務手数料など短期融資とは言え、思いのほか費用がかさむ ことがあります。

利息は「融資額×つなぎ融資金利×日割り」

印紙代は20,000円程度

その他、住民税、印鑑証明書、その他手数料などでざっと数千円~万円 程度

※利息は融資額が3000万円程度、金利が2%前後であっても10万程度は かかるでしょう。融資額が増えれば、それだけ利息も増えます。

以上をまとめますと、つなぎ融資はざっと15~20万程度が必要になって くるのではないでしょうか。

つなぎ融資は、決して安くないということが分ります。

さて、ではそうしたつなぎ融資に対処するにはどうしたらいいのでしょうか?

○不動産会社につなぎ融資の費用負担を求める

高額な不動産を購入するのは、買い手です。不動産会社に交渉してみる 権利は十分に持っていると言えます。全額でなくとも半分は負担しても らえるかもしれません・・・。

○融資実行を計画的に

フラット35は、融資実行日が決まっていますので、融資の実行を計画的に 行えば、最小限の費用で済ますことができるでしょう。

○家族・親戚などにつなぎ融資をお願いする

家族・親戚にお願いすれば、費用などは安くすますことができるでしょう。

スポンサードリンク